テレビ

体育会TV 年俸30億マスクマンの正体は誰?井川慶?6月6日放送

テレビ

2020年6月6日放送の、「炎の体育会TV初の生放送★プロ野球開幕直前…総年俸30億円マスクと対決」に、生涯年俸30億円のマスク・ド・ピッチャーが登場します。

果たして、このマスクマンは誰なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、このマスクマンは誰なのか、予想しています。

スポンサーリンク

元メジャーリーガーのマスクマンの特徴

マスクマンの特徴としては、以下の通りです。

生涯年俸30億

元メジャーリーグの投手

右ピッチャー(?)

現役選手ではない

今回の炎の体育会TVは生放送で行われます。

そして、現在プロ野球では練習試合が開催されているので、現役選手が出演することは難しいのではないでしょうか。

 

また、予告編ではボールを右手で扱っていますが、実際に右で投げている映像が無かったので、この程度の動作であれば、サウスポーでもできるので、右ピッチャーには絞れないかなと思います。

 

ということで、ここ数年で現役を引退した元メジャーリーガーの投手は以下の通りです。

黒田博樹

石井一久

岡島秀樹

上原浩治

高橋尚成

川上憲伸

井川慶

斎藤隆

生涯年俸30億円のマスクマンは誰?

先ほど挙げた、マスクマンの候補である元メジャーリーガーの投手の内、もう一つの特徴が、生涯年俸30億円ということなので、各選手の推定生涯年俸を詳しく見ていきましょう。

黒田博樹:約112億円

石井一久:約33億円

岡島秀樹:約17億円

上原浩治:約80億円

高橋尚成:約20億円

川上憲伸:約41億円

井川慶:約31億円

斎藤隆:約29億円

改めて見ると、黒田博樹さんと上原浩治さんの生涯年俸の額が凄いですね。

他の方も十分すごいのですが、かすんでしまうほどです。

 

本題に戻って、生涯年俸30億円付近のピッチャーを見てみると、石井一久さん・井川慶さん・斎藤隆さんが近いですね。

まとめ

今回は、2020年6月6日放送の、「炎の体育会TV初の生放送★プロ野球開幕直前…総年俸30億円マスクと対決」に出演する、

生涯年俸30億円・元メジャーリーガーのマスクマンは誰なのか、予想していきました。

あくまでも予想ですが、石井一久さん・井川慶さん・斎藤隆さんが条件に近いので、参考にしてみてください。