テレビ

赤荻瞳の結婚などのwikiプロフィール!ギャル画像がかわいい!激レアさん出演

テレビ

2020年6月13日に放送される、「激レアさんを連れてきた。」では、『惜しまれながら休刊した伝説の有名ギャル雑誌を復活させた奇跡のギャル』が特集されます。

この「奇跡のギャル」は赤荻瞳さんという方なのですが、伝説の有名ギャル雑誌を復活させたということで、その経歴などが気になりますよね。

そこで今回は、赤荻瞳さんのこれまでの経歴や、結婚や彼氏などのwikiプロフィールなどについてまとめています。

スポンサーリンク

赤荻瞳の経歴やwikiプロフィール

  • 名前:赤荻瞳(あかおぎひとみ)
  • 生年月日:1996年9月6日
  • 出身地:兵庫県西宮市
  • 仕事:(株)MRA代表取締役、egg編集長

 

経歴

  • 2012年 高校1年生で中退、ギャルサークルに加入
  • 2015年 広告制作会社に入社
  • 2018年 egg編集長に就任

 

赤荻瞳さんは、小学校低学年の時には、既に厚底靴を履いていたそうですが、

本格的にギャルに目覚めたのは小学校高学年の時で、後に編集長を務めるギャル雑誌「egg」に出会ったことがきっかけです。

 

その後、埼玉県内で一番ギャルがいると言われていた、さいたま市立大宮西高校に入学します。

しかし、実際は校則が厳しく、ギャルの格好ができなかったため、1年で高校を中退します。

 

高校を中退した赤荻瞳さんは、すぐさま「ギャルサー(ギャルのサークル活動)」として活動し始めます。

ギャルサーでは、イベントのコンテンツ内容から当日の集客まで、本格的なイベントの運営などをおこなっていたそうで、編集長としての活動にもギャルサーでの経験が活かされているのではないでしょうか。

 

18歳の頃にギャルサーを引退した赤荻瞳さんは、一旦、赤坂にある企業に就職しますが、幼いころから慣れ親しんだ、ギャルの聖地である渋谷で働きたいという思いが強かったことから、

入社した会社を半年間で退職し、渋谷にある広告代理店に再就職を果たします。

再就職をした会社では、雑誌「egg」を復活させるという動きがあったそうで、赤荻瞳さんは迷うことなく立候補し、

編集経験が全くないという状況だったのですが、2018年の3月にギャル系ファッション雑誌「egg」の編集長に就任しました。

 

まず、2018年3月21日にweb版で「egg」が復活し、続いて2019年5月1日に紙媒体としての「egg」が、5年ぶりに復刊を遂げています。

2019年5月1日に発売された「egg」はほぼ完売し、完全復活を果たします。

[jin-iconbox10]「egg」は1990年代に爆発的人気があったギャル雑誌ですが、2014年に休刊となっていました[/jin-iconbox10]

 

赤荻瞳さんは、今の若者に少しでもギャルカルチャーを見てもらえるように、SNSやYouTubeなどでも発信しています。

>>eggの公式Twitterはこちら

>>eggのYouTubeチャンネルはこちら

赤荻瞳の彼氏や結婚は?

赤荻瞳さんの彼氏や結婚相手についてお伝えしていきます。

赤荻瞳さんはお若いこともあり、まだご結婚されていないようですね。

現在の彼氏なども調べてみましたが、ネット上に彼氏の噂などもありませんでした。

今はまだお若いので、仕事に熱中しているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、2020年6月13日に放送される「激レアさんを連れてきた。」に出演された、

赤荻瞳さんのこれまでの経歴や、結婚や彼氏などのwikiプロフィールなどについてまとめていきました。

この放送時点で23歳と非常にお若いですが、編集長として成功しているので、今後の活躍にも期待したいですね。