芸能

志尊淳 テニミュで炎上!AKBとカラオケ合コンで腐女子発狂!高校では川栄李奈と同級生

芸能

2018年にNHKの朝ドラ『半分、青い。』に出演し、オリコンの上半期ブレイク俳優の1位に選ばれるなど、大ブレイクを果たした、志尊淳さん。

そんな志尊淳さんですが、「テニミュ」こと『テニスの王子様』のミュージカルに出演していたときに、ネットで炎上する事件がありました。気になりますよね。

そこで本記事では、志尊淳さんの「テニミュ」の炎上騒動について、詳しく解説しています。

志尊淳さんのプロフィール

本題に入る前に、志尊淳さんのプロフィールを見てみましょう。

誕生日1995年3月5日
年齢24歳(2020年2月現在)
身長178 cm
体重不明
血液型A型
出身東京都

志尊淳さんの父はシンガーソングライターの宮崎歩さん、祖父は作曲家の宮崎尚志さん、祖母は歌手の中野慶子さんです。

凄い家系ですよね。

志尊淳さんは、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン向日岳人役で俳優デビューし、いきなり後述の炎上騒動を巻き起こします。
デビュー作で炎上は、なかなかレアなケースではないでしょうか。

その後、2018年にNHKの朝ドラ『半分、青い。』に出演し、オリコンの上半期ブレイク俳優の1位に選ばれるなど、大ブレイクを果たします。

代表作としては、『烈車戦隊トッキュウジャー』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『半分、青い。 』、『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』などがあり、今注目の売れっ子俳優です。

AKBメンバーとカラオケで合コン

志尊淳さんは「テニミュ」では、氷帝学園の「向日岳人」役を演じていました。

が、炎上騒動はこのミュージックとは全く関係のないところで起こります。

志尊淳さんが、「テニミュ」で共演している廣瀬大介さんとともに、AKB48のメンバーの佐藤亜美菜さん、近野莉菜さんと深夜のカラオケボックスで合コンしていたことが、週刊文春で報じられました。

この報道により、志尊淳さん(および、向日岳人)ファンは嫉妬により大きく荒れ、ツイッターなどで炎上騒ぎに発展しました。

 

志尊淳さんは俳優であり、アイドルではないのですから、だれかと付き合ったり、合コンしたりしても、それほど炎上はしなかったようにに思います。

個人的には、ここまでひどい炎上になってしまった事には、2つ理由があると思います。

1つ目は、出演していた舞台が、漫画原作で、女性から非常に人気のある、「テニスの王子様」であったということが、このような炎上になってしまった理由のひとつなのでしょう。

2つ目は、出演していた舞台が、「2.5次元」であることだと思います

漫画原作の舞台や映画などは、「2次元」の漫画と「3次元」舞台の間を取って、「2.5次元」と言われたりします。

3次元の志尊淳さんのファンと、2次元の「向日岳人」のファン、両方からやり玉にされてしまったことで、このような炎上騒ぎになってしまったのかも知れません。

世間の反応

ファンとして言えることは、これからも俳優として頑張ってほしい
記事の内容がどれが本当でどれが嘘かは分かりませんが、プロとしての自覚をもってほしいです
合コンしたけりゃしてください。彼女がいたってなんでもいいです。ただただ人間性の低さに呆れました

ほんとにファンか?と思うぐらい厳しいコメントが多いですね。

高校では川栄李奈と同級生

17歳の時の初出演作で炎上してしまった志尊淳さんですが、高校時代は、元AKBの川栄李奈さんと同級生だったようです。

志尊淳さんは、普通の高校に進みますが、仕事が忙しくなったことから、高校を中退して通信制の日出高校を卒業しています。

その後は芸能活動に専念するため、大学には進学していません。

川栄李奈さんは元AKBですが、AKBのメンバーも芸能活動が多忙であるため、通信制の高校で勉強する人が多いようです。

川栄李奈さんもその一人です。
一度は普通の高校に入学しましたが、日出高校に編入して、卒業しています。

同じ通信制高校の同級生だったことは、二人とも認めています。

 

川栄李奈さんがサブMCを務める『A-Studio』に、志尊淳さんが出演したときに、こんな場面がありました。

「4回くらい共演している」と話す志尊淳さんと川栄李奈さんに、司会の笑福亭鶴瓶さんが「なぜここしゃべんないの?喋りにくい?」と質問をしました。

志尊淳さんが「高校の同級生、同じクラスだよね」と言うと、会場からは驚きの声が上がりました。

最初に共演したときも、「『同じ学校ですよね』『はい…』」と会話したあとは、話が続かなかったと打ち明けています。

その後も「何回も共演しているんですけど、全然喋らない」という状況を打ち明けていました。

二人が本当にクラスメイトだったんだなと感じたのは、同番組内で高校の同級生だった今村さんの写真が出たとき。

「学校にいた!学校で見たことある!」と、川栄李奈さんが声を張り上げていました。

でも、それ以外は二人が親しく話すようなシーンはありませんでした。

笑福亭鶴瓶さんから、「今度あったらどうすんねん」と言われた二人は、「今度会ったら喋ります」と言って「久しぶりー」と大げさな素振りをして見せていました。

が、この雰囲気からすると、今後も、変わらずにしゃべることはないんだろうな…と感じました。

さらに、これまでに4度も共演していて、芸歴も長いほうでなないので、驚きましたね。

志尊淳さんの家出エピソード

志尊淳さんは同番組内で、17歳位のときに家出をしていた、というエピソードを話していました。

住民票も移すという本格的な家出を決断したそうで、「少し芸能活動をやらせてもらっていたので、そのお金でやれる限りやろう」と、連絡は一切取らないと決めて、「一年くらい音信不通」だったと明かしています。

その後、家族会議となり母親は泣いたそうです。

「お前、母親泣かせるって、どういうことか分かっているんだろうな」と、初めてお兄さんに殴られたそうです。

 

そんな志尊淳さんですが、ある時出演したドラマがきっかけで、家族の元へ戻ることになります。

ドラマで家族に対して、泣きながら怒るシーンの撮影の際に、志尊淳さんは「台本に泣くなんて書いてなかったんですけど」「こらえても涙がブワッと」出たと話しています。

これを見た家族も、「淳もこういう気持ちだったんだな」と理解してくれたことで、志尊淳さんは無事に家に戻ることができました。

まとめ

志尊淳さんの「テニミュ」の炎上騒動についての詳細でした。

「2.5次元」ということ、女性から絶大な人気を誇る「テニスの王子様」に出演していたことが災いして、炎上騒動がここまで大きくなったしまった印象があります。

デビュー作品でいきなり大炎上を経験しましたが、現在ではオリコンの上半期ブレイク俳優の1位に選ばれるなど、大ブレイクを果たし、人気俳優といわれるまでになりました。

志尊淳さんは、最近では今年公開予定のミステリーホラー映画「さんかく窓の外側は夜」に出演することが決まっています。

これからも志尊淳さんの活躍に期待したいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。