芸能

中村浩一 経歴や結婚の嫁の顔画像は?エムディーエム代表取締役でdelaプロデューサー

芸能

2020年5月20日に、名古屋のご当地アイドルグループ「dela」のプロデューサーを務める、中村浩一氏がデビュー志望の女性に対して、

“わいせつカメラテスト”を実施し、訴訟トラブルとなっていることを「週刊文春」が報道しました。

妻帯者でありながら、このような行為に及んだ中村浩一氏はどのような人物なのでしょうか。

そこで今回は、中村浩一氏のwikiプロフィールなどをまとめています。

スポンサーリンク

【文春砲】中村浩一がデビュー志望の女性に対し“わいせつカメラテスト”

今回の中村浩一氏の行為について、週刊文春では以下のように報道しています。

「その日、彼女は中村氏から『カメラテストをしよう』と言われて、電車の中で痴漢するシーンが撮影されることになった。ビデオの録画ボタンを押した中村氏は、ズボンの上から陰部を触らせてきたといいます。さらに中村氏は下着姿となり、彼女のブラジャーの中に指を忍ばせたたり、彼女の尻を触ってきたのです。彼女の抵抗を意に介さない中村氏は『ティッシュ持ってきて』と言い、しまいには射精したというのです」

これによって、「dela」の加入を目指していたA子さんに、330万円の支払いを求める民事訴訟を提起されています。

A子さんが誰なのかについては、報道はされていません。

中村浩一の経歴や結婚の嫁の顔画像は?

名前:中村浩一
出身地:愛知県名古屋市中村区
生年月日:1967年12月2日
血液型:O型
年齢:52歳
学歴:中京大学
職業:実業家、広告代理店「エムディーエム」社長、芸能事務所「名古屋美少女ファクトリー」社長、アイドルプロデューサー、芸能プロモーター、ラジオパーソナリティー

中村浩一氏は小学校4年生のとき『沢田研二とザ・タイガース』を見て、カラコン・ビジュアル系・テクノポップなど、それまで誰もやってないことに初めて挑戦する姿勢に衝撃を受け、大人になってからのプロデュース業にも影響を与えています。

あまりに沢田研二さんが好きすぎて、現在は沢田研二さんを研究するラジオ『J-LEGEND 1st 沢田研二』(東海ラジオ毎週月曜19:15~19:30)をやってます。

その一方で高校時代はラグビー部所属し、クラブチームで30年間ラグビーを続けるほどの筋金入りのラグビ好きです。ポジションはフルバック(松島幸太朗選手や山中亮平選手のような、最後尾のポジション)。

中村浩一氏の学歴は、以下です。

小学校:名古屋市立本陣小学校

中学校:名古屋市立笈瀬中学校

高校:愛知県立惟信高等学校

大学:京大学社会学部

大学時代に芸能活動

中村浩一氏は、中京大学に進学すると学生タレントが集まるインカレサークル『FIRST&FINAL』を設立します。

所属メンバーはモノマネの古賀シュウさん前川智明さん、女優の岩橋道子さん、双子モデル松本姉妹などがいました。

地元のテレビ番組でレポーターを務めるタレント活動しながら、名古屋テレビの番組ブレーン及びキャスティングの仕事で関わっていきます。

『平成のオキテ』『オトナになりたい』『そんなバカな』『オジャマンナイト』などの番組を担当しました。

大学卒業後は広告代理店

中京大学を卒業後、広告代理店に就職しますが、会社に勤めながら名古屋テレビの番組ブレーンの仕事と両立していきます。

広告会社には7年間勤めたのち退社し、広告代理店「エムディーエム」と芸能事務所「名古屋美少女ファクトリー」を立ち上げて独立し、いよいよアイドルグループのプロデューサーになっていきます。

結婚してる嫁と子供がいる

中村浩一氏は、結婚していて嫁と子供がいます。

嫁についての情報は、名前も顔画像も一切出回っていので、一般人だと思われます。

子供は息子が3人いるそうです。

プロデュースしているアイドルは?

中村浩一氏は、名古屋のご当地アイドル「OS☆U」と同じく名古屋のご当地アイドル「dela」をプロデュースしています。

OS☆U

2010年、「商店街から誕生したアイドル」というコンセプトで、ご当地アイドル「OS☆U」を創設します。

名古屋のサブカルチャーの中心地・大須(OS☆U)から生まれたアイドルです。

dela

2012年には、名古屋弁の「でら凄い」の「でら」を由来とした、12名アイドルグループ「dela」を生み出します。

「dela」の活動拠点は、中村浩一さんの出身地・名古屋市中村区の顔である「名古屋駅西側(駅西)」です。

「dela」のライブ活動は日本国内だけにとどまらず、現在までに世界20ヶ国でライブを行っているグローバルなアイドルグループです。