芸能

川口敦典 内臓疾患の病名は?てんしとあくまのネタ動画を紹介!

芸能

お笑いコンビ「てんしとあくま」のツッコミ担当として活躍していた、川口敦典さんが、5月15日、持病の内臓疾患のためなくなりました。

享年は36歳でした。

ご冥福をお祈りします。

今回は、川口敦典さんの内臓疾患の病名や、天使と悪魔のネタ動画をまとめています。

 

川口敦典さんのプロフィールは以下の記事をご覧ください。

川口敦典 wikiプロフィール!てんしとあくまのツッコミ担当

スポンサーリンク

「てんしとあくま」川口敦典の持病の内臓疾患の病名は?

ニュースサイトでは、以下のように報道されています。

持病の内臓疾患のため急逝した。36歳だった。16日に所属事務所の吉本興業が訃報を伝えた。通夜、告別式は家族葬にて執り行われる予定。

引用元:オリコンニュース

また、川口敦典さんは5月11日までTwitterを更新していることから、急逝だったことが分かります。

 

内臓疾患については、以下のように定義されています。

胃や腸、肝臓や腎臓、膵臓などの心臓より下、腹部のいずれかが何らかの病気にかかったとき「内臓疾患」という言葉が用いられます。

引用元:三井温熱ケアシステム

内臓疾患では、かなり広い意味になってしまいますが、川口敦典さんの公式ツイッターやニュースサイトを見ても、具体的な部位や病名に関する情報はありませんでした。

新しい情報が入り次第追記します。

てんしとあくまのネタ動画

まとめ

今回は、てんしとあくまのツッコミ担当・川口敦典さんの内臓疾患の病名や、天使と悪魔のネタ動画をまとめました。

まだ、36歳と大変若く、5月11日までツイッターを更新していた中での突然の訃報となってしまいました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

川口敦典 wikiプロフィール!てんしとあくまのツッコミ担当