入山禁止の山で遭難の川崎市25歳男性は誰で名前や顔画像は?なぜ登山した?栃木県日光市男体山

2020年5月2日に、新型コロナウイルス感染症の拡大による、緊急事態宣言の発令を受けて、入山が禁止となっていた、栃木県日光市の男体山で遭難事故が発生しました。

今回は、立ち入りが禁止されているにも関わらず、男体山に入山した人は誰なのか、調査しています。

立ち入り禁止の男体山で遭難は誰?

— 朝日新聞(asahi shimbun) (@asahi) May 2, 2020

栃木県日光市の男体山(なんたいさん)(標高2486メートル)で2日午後2時半ごろ、単独で登山していた川崎市川崎区の団体職員の男性(25)が遭難し、知人を通して日光消防署に救助を要請した。栃木県防災ヘリが出動し、約1時間半後に救出された。男性は足に軽い凍傷を負ったという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

川崎市川崎区に在住の25歳で、団体職員の男性と報道がされていますが、氏名までは公表されていませんでした。

この男性の職業は団体職員となっていますが、一般的に団体職員に分類される組織としては、以下の通りです。

  • NPO法人
  • 公益財団・社団法人
  • 商工会
  • 協同組合

男性は川崎市川崎区在住ということなので、職場についてもおそらくは川崎市周辺ということになるかと思います。

しかし、川崎市には団体職員にあたる組織が多くあるため、男性の職場についても、特定には至っておりません。

新しい情報が入り次第追記します。

 

先日発生した、山梨県の自宅待機指示を無視して外出し、その後新型コロナウイルス感染が判明した件についてはこちら。

http://glasses.daiiblog.com/entertainment/corona/covid19-yamanasi55/

世間の反応

①不要不急の行動
②禁止地域への進入
③人、ヘリ派遣の税金無駄遣い
④病院救急窓口に要らぬ負担

もうツッコミどこ満載。
屑すぎる大人の代表的事例

状況わかって行ってんだから、助け求めんなよ
https://t.co/1JSoVAz47w

— 核心をつきたい (@26orLTs1vo5Q8Jl) May 2, 2020

— まゆみ (@m042906040829a) May 2, 2020

自分勝手で害悪
他人に迷惑かけるし。
みんな自粛とか我慢してるのに。
国が裁かないから特定したくなるんじゃん

— きなこもち (@pinorikk) May 2, 2020

と、まーた、若者が…って思ってるかもしれないけど、年齢多分関係ないよ。

しっかり、50代も帰省してるもん🤮 pic.twitter.com/yANux3IFE7

— たかしょー㌧ (@takashoulps) May 3, 2020

まとめ

今回は、立ち入りが禁止されているにも関わらず、男体山に入山した男性は誰なのか、調査しました。

先日発生した、山梨県の自宅待機指示を無視して外出し、その後新型コロナウイルス感染が判明した件についてはこちら。

http://glasses.daiiblog.com/entertainment/corona/covid19-yamanasi55/