新型コロナウイルス

東京都内でクラスター発生のカラオケバーの場所はどこ?

新型コロナウイルス

2020年6月8日に、東京都内のカラオケバーを利用した客の1人の新型コロナウイルスの感染が判明し、

先日までに感染が確認されていた7人と合わせて、合計で8人の新型コロナウイルスの感染が確認されたため、このカラオケバーでクラスター発生の疑いが出ていますが、場所や名前などの詳細が発表されていません。

そこで今回は、このクラスター発生の疑いのある、東京都内のカラオケバーはどこなのか、まとめています。

スポンサーリンク

東京都内でクラスター発生のカラオケバーの場所はどこで店の名前は?

今回クラスター発生の疑いのある東京都内のカラオケバーでは、

6月3日以降、20代から50代の客と店員、あわせて男女8人の感染が確認されています。

この店の場所は、新宿エリアではないと報道されていますが、詳細な店の名前や、場所などは公表されておらず、

自治体や大手ニュースサイトにも場所や店名などの情報はなく、また、ネット上でも情報はありません。

自治体には速やかに情報を公開してほしいと思います。

 

先日、歌舞伎町のホストクラブでもクラスターが発生しており、6月8日までの1週間の感染者147人のうち、「夜の街」関連は54人に上っているため、

「夜の街」関連の店を利用する際には、くれぐれも気を付けてほしいと思います。

https://glasses.daiiblog.com/entertainment/corona/atarasiiseikatuyousiki/