食べ物

無印良品コオロギせんべい 感想評判は?味はおいしい?まずい?

食べ物

無印良品が「コオロギせんべい」を、2020年5月20から発売すると発表しました。

「コオロギせんべい」はその名の通り、昆虫のコオロギを食材として使っており、なかなか衝撃的な食品となっていますが、味はどうなのでしょうか。

そこで今回は、無印良品のコオロギせんべいについて、商品の概要や味の感想などをまとめました。

スポンサーリンク

コオロギせんべいの商品概要

内容量:55g
価格 :(税込)190円
発売日:2020年5月20日(水)
アレルギー物質:食用コオロギパウダーは、えびやカニなどの甲殻類と類似した成分を含有

無印良品が発売する「コオロギせんべい」は、「フタホシコオロギ」という熱帯性の品種を使用しています。

「フタホシコオロギ」は、徳島大学の研究をベースに、全て衛生的で安全な環境のもとで飼育されているそうです。(普段食べないのでかなり怖いですが、安全ですよ)

「コオロギせんべい」には、パウダー状にしたものを練りこんでいるとのことで、昆虫の原型をとどめていないので、多少は抵抗なく食べられるかもしれません。

味付けは素材の味を活かすためにシンプルに仕上げていて、エビに近い香ばしい風味が味わえるようです。

個人的な感想は、昆虫の原型をとどめていなければ、いけそうな気がします。

コオロギせんべいはおいしい?まずい?口コミレビューや感想は?

コオロギせんべいは2020年5月20日発売なので、まだ味についての感想はありませんでした。

ただコオロギせんべい発売という衝撃的な発表で、肯定派否定派それぞれ既に盛り上がっていたので、それぞれの意見を紹介します。

まずは、食べれないという否定的な感想から。

やはり虫は食べられないという意見はあるようです。

 

続いて、肯定的な意見。パウダー状ならいけるという声。

さらに、昆虫の原型をとどめていても大丈夫という感想もありました。

さらに、セミは食べたことがあるというツイートもありました。(多少グロいので閲覧注意)

全体的には、食べられるという感想が多かったです。

コオロギせんべいの販売店情報

コオロギせんべいは無印良品のネットストアで先行発売されて、後日、無印良品の実店舗で発売されます。

先行発売:無印良品ネットストア
一般発売:未定

実店舗での販売日は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現時点ではまだ未定となっています。

感染収束の状況を見て、店舗販売となる見込みなので、今後の無印良品から情報が発表されたら追記します。

なぜコオロギ?ほかの昆虫じゃダメなの?

数ある昆虫食の中でも、なぜコオロギをチョイスしたの、と疑問に思った人も多いのではないでしょうか。

バッタでも芋虫でもないという点について、無印良品からは以下のように発表されています。

  • 昆虫は栄養素(特にタンパク質)を効率よく摂取できる
  • 飼育する際の環境的負荷が少ない
  • 国連食糧農業機関 (FAO) も家畜の代替で昆虫食を推奨している
  • コオロギは飼育しやすく効率的に生産できる

豚などの家畜の栄養素は動物性たんぱく質が主体なのですが、昆虫はより多くの栄養素が含まれていて、さらに温室効果ガスの排出量やエサが少なくて済むメリットがあります。

 

ちなみに無印良品のコオロギせんべいの原材料は、生産から包装まで国内で行われていて、安全性も確保されているそうです。

安心して(?)食べられそうです。

 

さらに、高タンパク食品なので、筋トレ向けの食品として注目されています。

鶏むね肉よりも高タンパクなので、筋トレが趣味な方には良いのかもしれません。

まとめ

今回は、無印良品のコオロギせんべいについて、商品の概要や味の感想などをまとめました。

無印良品のコオロギせんべいが、2020年5月20日から発売されます

エビのような味と香りということですが、実際にはおいしいのかまずいのか気になりますよね。

Twitterの前評判では、食べれそうとか食べてみたいという意見の方が多かったので、ぜひ参考にしてみてください。

今後の食糧難の救世主として期待されている昆虫食。

その先駆けの商品が、どんな結果になるのか、乞うご期待ですね。