芸能

林真琴 出身高校や大学の学歴は?次期検事長に内定の名古屋高検検事長

芸能

黒川弘務検事長が、週刊文春の賭けマージャンスクープ報道により、辞意を表明しましたが、その後任に、林真琴(名古屋高等検察庁検事長)が内定したと報道がありました。

そこで今回は、林真琴さんの出身高校や大学の学歴などの経歴プロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

林真琴の出身高校や大学の学歴などの経歴プロフィール

名前:林 眞琴(はやしまこと)
生年月日:1957年7月30日
出身地:愛知県
学歴:時習館高等学校~東京大学法学部第1類

林真琴さんは、愛知県の出身で、学歴としては、愛知県立時習館高等学校を卒業しています。

愛知県立時習館高等学校は偏差値70の進学校で、高校卒業後は、東京大学法学部に進学しています。

 

1981年に、東京大学法学部第1類を卒業して、1983年から検事任官として勤めています。

東京地方検察庁特別捜査部検事として、1988年のリクルート事件や1997年の第一勧業銀行総会屋利益供与事件など大きな事件の捜査も担当しています。

2003年4月から2006年7月まで、法務省矯正局総務課長を務め、2001年から2002年には、相次いだ名古屋刑務所受刑者暴行死傷事件後の刑務所改革や監獄法改正に携わっています。

法務省刑事局総務課長、法務省大臣官房人事課長、最高検察庁総務部長、仙台地方検察庁検事正、法務省刑事局長を経て、2018年1月9日から名古屋高等検察庁検事長を務めています。